マイニングはじめました @自作編3


※サイト移転しました https://lifelifeweb.com

自作マシンによるイーサリアムマイニングをはじめてはや1ヶ月

そろそろMinerGATEでのマイニングを卒業すべく

というか、Minergateはとてもとっつきやすく初心者でも

わかりやすいUIなのでRX470 8GB で20Mb/h出れば

よしとしてきましたが、海外にはいるわいるわ凄いやつら・・・・

Youtubeなんかで同じRX470のグラボのマイニング報告を見ると

やれ28Mb/hやら29Mb/h出せるだのといった動画を数多く見かけるのですが

それを行うにはMinergateではなく、いかにも難しそうなマイニングソフト

CGMinerやEthminerなんかDualminerなど・・・・てか種類がありすぎてわからん!汗

さらにはマイニングプール?の設定や、細かいチューニング?てかプログラム?

コマンドプロンプトの画面????をいじっての設定が必要らしく、敷居の高さを

感じてかなり敬遠していました。

しかし1枚で8Mb速度が速くなるだけで収益もそれはそれは大きく変わってきます

その枚数が6枚・・・12枚と増えれば増えるだけ・・・

これはよだれもんだぜ・・じゅるり・・っ

ということで、めざせサファイアRX470 8G グラボ1枚で29Mb/hを実施してみました!

とにかく日本語の参考サイトが少ないので、英語のフォーラムやサイト、YOUTUBEを

見まくり、翻訳しまくりの1週間でなんとか自分なりのやり方で

爆速にたどり着いたので、報告したいと思います。

この内容は完全に自分のPC環境化のもと行ったので、みなさんのPCでは不具合が

出る可能性があります。しかしそれでも参考になればと思い書かせていただきます。

とりあえず、今日のところはこの手順を行うのに必要な環境・ソフトを紹介します。

特にPCの環境は正直そんなに速度アップには関係ないと思いますのでザックリと

また今回は1枚のマザーボードに6枚や7枚のグラボを挿す事が目的ではなく、

1枚挿しであろうが、2枚挿しであろうが7枚であろうが1枚1枚の速度を上げる

手順をご紹介します。

採掘する通貨:イーサリアム

PCの環境(現在3台のPCを使用し、構成もバラバラ)

OS:windows7 (HOME・PRO恐らくどちらでも関係ないです)

マザーボード:AsrockZ170 Extream4、msiの古いマザボ、5年前にBTOで組んだよくわからんマザボ

メモリ:4GB~8GB(枚数が多いと8GBぐらいあると安定すると書いてあったような・・・

記憶装置:HDD・SSDどちらでも

電源:グラボの枚数と性能次第なんでもok

グラフィックボード:SAPPHIRE RADEON RX470 8GB OC 19800円(今は価格が暴騰してますね汗

グラフィックボードMSI RADEON RX470 armor 8GB OC 13000円

必要なソフト(すべて無料)

マイニングソフト:Claymore’s Dual Ethereum AMD+NVIDIA GPU Miner v9.1

BIOS編集ソフト:PolarisBiosEditor

BIOS読み出し・書き出しソフト:ATIFLASH もしくは ATIWINFLASH(こっちがおすすめ)

署名回避のための改造カーネルドライバ:atikmdag.sys と atikmdag-patcher-1.4.5

署名回避ソフト:SetupReadyDriverPlus

これらのソフトがあれば恐らくどんな環境であれ速度アップができると思います

ただ一つ一つイジるとこは簡単なのですが、失敗するとOSやグラボがクラッシュする

恐れもあることを承知してください。

詳細はまた別の日に書きますが、ザックリ説明しますと

まずGPUMiner9.1をダウンロード・解凍しデスクトップに置きます、フォルダの中にある

start.batをメモ帳で開き、不要な記述を消し、2点書き換えます。

1点・マイニングプールのアドレス

2点・ウォレットアドレス

※詳細は後日ブログにて

書き換えたら保存、この状態で、start.batをダブルクリックするとコマンドプロンプトのような

画面が表示されマイニングが動きます。

速度も、GPU0 24Mb/H GPU1 24Mb/Hなどとでます。

その画面はバツを押して現在のオリジナルのままの速度を確認しましたね?

そう、Minergateの時は20mb/hだったのがこの時点で24Mb・・・感動です!しかし

まだ終わりませんめざせ!29Mb/Hですから

そしてここからグラフィックボードの基本設定をマイニング用にチューニングします。

ここからは本当に危険なので後日の詳しい手順を見た上で行ってください。

まず、前提として最近のグラフィックボードのドライバは改造されたグラボ(署名のないグラボ)

を認識しないようOSの機能が働きかけパソコンがグラボを認識しない(エラーコード43)という

セキュリティが掛働きます。

なのでこれを回避するためにSetupReadyDriverPlusというソフトをインストールして

パソコンの電源を投入すると自動的にブートメニューが表示されるものを入れます。

なぜブートメニューなのかというと、ここにはセーフモードを始めとする開発者向けの

メニューがそろっており、その中のひとつに「ドラバの署名強制確認を無効にする」

・・・・あれ?なんだっけ忘れたので後日・・・・・汗

的なメニューを実行すれば改造してもそのまま使えるツールをインストールします。

このツールは起動・シャットダウンするたびに毎回出てくるので面倒ですが、マイニング

専用機なので、起動しちゃえば24時間動くでしょ!と思ってくれる人に向いてます。

このソフトをとりあえず入れたら

現在インストールされているグラフィックドライバ(通常ドライブC:AMDの中にある)

にatikmdag.sysというファイルがあるので検索して先ほどダウンロードした改造

カーネルドライバを上書き、一旦、通常通りドライバをアンインストールして

再起動→署名無効で立ち上げる→再度setup.exeよりドラバをインストール

この時も再起動はせずに、次にダウンロードしたatikmdag-patcher-1.4.5を実行する

そして再起動→署名無効でBIOSの改造が適応されるようになります。

そのままwindowsを立ち上げたら、Atiwinflash.exeを起動して、「保存」を押します、bios.romができます。

これは接続されているグラフィックボードのオリジナルのBIOSなので大切に保管してください

つぎにPolarisBiosEditorで先ほど保存したオリジナルBIOSを「OPEN」より開きます

そして、ここからはグラボにあわせて試行錯誤が必要なのですが、

サファイアRX470 8GBの場合、メモリタイミングの1750の数字をコピーして2000に貼り付け

それだけ終わったら「SAVE」で改造したBIOSとして保存する。

こんどはまた、ATIWINFLASH.EXEを起動して、適応させたいグラボのラジオボタンを選択して

「読み込み」から改造したbios.romを読み込み「プログラム」を押しましょう。

この時フリーズした時は、再度同じ手順で「プログラム」しましょう。

うまくプログラムを書き込めたら(改造できたら)再起動します。再起動しないと

改造した内容を反映されないので。

再起動したら最初にインストールしたソフトのおかげでブートメニューが表示され

「署名のないドライバを有効」にできるので

これ(開発者モード)を押してwindowsを立ち上げる。そしてGPU Miner v9.1を

起動すれば、改造した内容にしたがって速度が格段に上がるという寸法です。

最後のほうザックリしすぎて画像もないのでよくわからないと思うのですが本日は眠たいので

ここまで!

この手順で198000円のサファイアRX470 8GBは24.3MB/H → 28.4MB/H →

13000円のMSI RADEON RX470 armor 8GB OCは 22.3Mb/H → 27.1MB/H

にまでクロックアップしました!!!!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

スポンサーリンク
GOOGLEアドセンス


コメント

  1. より:

    ブログ全部読ませて頂いてます。
    マイニングのGPU改造に関して質問お願いします
    自分はMSI Radeon RX 580 GAMING X+ 8Gを使ってマイニングしているのですが、改造はこの記事のやり方通りでMHはあがるでしょうか?現状22MH程です;
    又、YOUTUBEなどでも調べてみたのですが、https://www.youtube.com/watch?v=jf3GIt3MRMU&t=19s&index=2&list=LLxE2zA0OlY74SGoTfvGYWSQ
    此方の動画通りでもできますか?
    お手数ですが、回答頂けると助かります。

  2. アクア より:

    はじめまして。色々参考にさせてもらっています。
    最近RX470でのマイニングを始めたのですが、この記事の後日版を見たいです。
    自分では21Mh/Sしかでないです;
    良かったらメールでもいいです。
    お願いします